ProjectSmall

小型PC専門の解説サイト

グラフィック、モバイル性、低価格が揃ったノートが欲しい。

ライトユーザーというものは、いきなりエンコや多重処理(これらは主にCPU依存)をしたりはしないが、
ブルーレイを「コマ落ち無し」で再生できる事くらいなら望む可能性はある。

OS認識上限メモリ、高速SSDなど、体感速度を向上させる要素は他にも幾つかあるが、
それらや外付ドライブは、大抵のノートなら後から何とでもなる一方、
グラフィックってのはノートの場合、ユーザーにとってのPC寿命を決めてしまい兼ねない。

そこで今回は、14.1型液晶以下、10万円未満の強力グラフィック搭載ノートを探してみた。
まぁ強力といってもミドルレンジを載せるモデルは無いので、最新3Dゲームがバリバリに出来る程ではない。

掲載価格は投稿時点のもの。


SONY type C 直販モデル(14.1型、GeForce 9300M GS):

Vista Home Premium 64ビット、Core 2 Duo P8600(2.4GHz)、2GBメモリ、250GBHDD、
スーパーマルチ、無線a/b/g/n+青歯、3年保証(落下対応はプラス8千円)で84,800円~。

液晶はtype N同様、他社同価格帯より劣り(バックライト1灯、上下の狭視野角に加え、
他社より白飛びが酷い。)、type Cではデジタル出力も出来ない。

そもそもtype Cの場合、
唯サイズがコンパクトなだけで、モバイルを意識した頑丈設計にはなってない。


ThinkPad R400(のRadeon HD 3470(ON/OFF可)搭載モデル。14.1型):

Celeron 575(2.00GHz)、Vista Home Premium、Radeon HD 3470、2GBメモリ、160GBHDD、
コンボドライブ、インテル WiFi Link 5100(a/b/g/n)で、一般直販62,895円~カスタマイズ可能。

DELLのLatitude E5400と違い、GeForce  9200M GSだったり、WXGA+のLEDバックライトが選べなかったり
という、上位モデルとの露骨な差別化が無いのがウリ。
上位(T400)との違いは軽さと筐体厚、天板素材が主で、保守マニュアルや拡張部品すら共用。

今回紹介するノートはスペックはともかく、価格のせいでキワモノ揃いなので、
所有PCが1台の場合には、このR400辺りが無難である。

デジタル出力はドック経由。


ThinkPad SL400(のGeForce G105M搭載モデル。14.1型):

SL400の液晶は全て、WXGA、LEDバックライトで光沢タイプ。

どーしてもRADEONは嫌とか、一切、持ち運びしない人用で、
それ以外なら、セミラグドのR400までは行く価値がある。


Lenovo IdeaPad S12 NVIDIA IONモデル(12.1型、近日発売):

焼き品質考えると、ノート使いならブルーレイは、外付も買うであろう。
となるとAtom N機のS12は、HDMIも付いてるし、
ブルーレイ映像を余すトコなく再生できる最安ノートPCという位置付けになろう。


HP Pavilion dv2(の直販モデル。12.1型、Radeon HD 3410(512MB専用メモリ)):

Vista Home Premium、AMD Turion Neo X2(1.6GHz)、2GBメモリ、320GBHDD、
無線a/b/g/n+青歯で、送料込82,950円~。

14.1″SXGA+が載ってれば・・と思わせる筐体大きさ、重さを許容出来るか?で評価が分かれる。

性能は、デュアルコアのAtom 330プロセッサ+GMA950に、グラフィックだけ大幅強化した感じ
ネットブック級だがシッカリHDMIも付いている。

液晶は光沢で、発色、コントラストは悪くない。

騒音はそれ程でもないがキーボード、パームレストは熱を持つ。

マッチョな割りに、有線LANが100BASEなのは要注意。


HP TouchSmart tx2(12.1インチタブレット型、Radeon HD 3200(チップ内蔵)):

Vista Home Premium、Athlon X2(2.2GHz)、無線a/b/g/n、2GBメモリ、250GBHDD、
スーパーマルチで送料込91,350円~。

唯のノートとして見たら、液晶綺麗じゃない上にデジタル出力無し。

タブレット型はある程度の画質があって、お絵かき用に使うんでなければ、
片手で持って操作する事が多くなると思うのだが、
液晶サイズの割に重くなりがちだし、目の近くで操作するなら液晶サイズも要らないので、
もっと小さいLOOXとかのが良いのでは?

XPS
DELL Studio XPS 13(のGeForce 9400M G(チップ内蔵)モデル。13.3型):

静音性、挙動安定性、SLI対応ゲームの少なさからして、GeForce 9500Mまで行く価値は無い。

現行モデルはLEDバックライト液晶を選んでも筐体厚さは変わらない。

それにしても、液晶開けると排熱口塞がるとか、DELLにも程がある造りで、
フリーズ対策にも皆さんかなり、苦労されてる模様。BIOS更新で落ち着いて来てはいるが、
最近は動いてる時より放置してる時のフリーズが話題になっており(熱以外の問題)、
元々、インテルチップでない事が騒動の原因かも。

サポート手厚いXPSだけは、個人用DELLでも、ひいき目で見てたんだが・・


DELL Vostro 1320(のGeForce 9300M GSモデル。13.3型):

こちらはLEDバックライト液晶は選べない。デジタル出力もできないので、
何の為のGPUか考える必要はある。


acer Aspire Timeline 4810T(14型、Radeon HD 4330(512MB専用メモリ)。価格はコチラ):

Core 2 Solo SU3500 (1.4GHz、3MBL2)ながら、AcerPower Smart使用時9時間駆動を謳う

正直、acerってのはメーカーそのものが地雷なのだが、今回のTimelineシリーズは、
サポートこそ期待出来ないが、機械としてはかなり頑張っている。
腕におぼえのある方の2台目以降としてなら、価格も安いしアリかも知れない。


Gateway EC3800-35K(13.3型、Radeon HD 4330(ON/OFF可、512MB専用メモリ)):

ジョーシンさん、K’sデンキさんのみの取扱で、価格は9万円台

Gatewayはacerグループで、この機種も、
13.3型、Core 2 Duo SU9400(1.40GHz, 3MBL2)のTimelineに独立GPUを載せた派生機種

1.8kgながら、こちらも8時間駆動を謳い
LEDバックライト液晶も200カンデラの同じパネルと思われ、まずまず。

2009.8. 14金曜日 - Posted by | acer, Aspire Timeline, ②富士通, ④SONY, ⑦lenovo, ⑧hp, ⑨DELL, ⑩他メーカー, ⑪液晶, ⑭CPU, ⑮チップセット、GPU, ⑯メモリ, ⑰HDD(SSD), ⑱光学ドライブ, ⑲通信, ○○なPCが欲しい。, 用途④:動画鑑賞, 用途⑥:エンコ, 用途⑧:3Dゲーム, 用途⑨:持ち歩き, ENVY, Gateway, IdeaPad S旧モデル, Latitude, Pavilion dv2, Studio XPS 13, ThinkPad Lシリーズ, ThinkPad T430, ThinkPad Tシリーズ, ThinkPadコンシューマ旧モデル, TouchSmart tx2, Uncategorized, Vostro, Vostro 1320, XPS, 周辺①接続, 法人向け

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。