ProjectSmall

小型PC専門の解説サイト

dynabook UX、触って来ました!

液晶:壁紙画面が白みがかってた為(追記:どうやら赤の発色だけ悪い様だ)、
低コントラスト、白飛びな発色が懸念されたが、
ネットブック随一の発色を誇った前モデルのNB100を隣に並べ、
同じ画像同士で見比べてみると、
どの画像でも画質はそれぞれ、甲乙付け難い
ものであり、
同じくグレア画面の
IdeaPad S10e、
現行LaVie Lightや今度出た、LOOX Mなんかよりは、
明確に優れた発色であった。

ただ上下視野角に関しては、
UXがNB100より狭かった。

白画面でのギラツキは、ここで挙げた機種にはほぼ、無い。

12.1型以下ノングレアだと、
dynabook NXとThinkPad X200系くらいしかギラツキ無しは無い
ので、
照明や外光など、余程写り込む環境でなければ輝度も抑えられるので、
目への優しさ的にも、グレア選ぶのは間違いじゃないとおもう。

ま、UXは画面が綺麗なだけに、モノラルスピーカーなのは注意されたし。

キーボード:アイソレーションを採用している事もあり、タワミは無い。

キーの反発力が軽く、ストロークも浅い(1.6ミリ)が、
そこそこのクリック感と、19ミリのキーピッチが効いており、
これだと、デスクトップからでも違和感少ないかも。素晴しい。

筐体:サテンブラウンでの液晶ベゼル周りはちょっと派手だが、
UX自体は基本的にシンプルで飽きの来ない感じ。

レッツノート辺りに比べて外観的には、特別安っぽい素材でもないし、
寧ろ薄型な分、スタイリッシュ。
ピアノ天板の様に、すぐ小傷で汚くなる事も無い。

スノーホワイトなら他人と被っても気恥ずかしさは無いのでは?

この筐体、キーボードとHDDプロテクションが、
しっかりdynabookの論拠
だろう。

処理系統:スペック的変更はAtomがN280になったくらい。

クロックでこそ1.60⇒1.66GHzと誤差の範疇だが、
533⇒667MHzのシステムバスクロック周り
(メモリバスクロックは533のまま)
に何らかの修正があるのか、何をするのにも、
横にあったNB100より速さが体感できた。
(冷却ファンは高負荷時しか回らない。)

低解像度故、光沢画面のネットブックは動画サイト閲覧に駆り出されがちだが、
この性能ならニコ動ヌルヌルも期待できるかも。

この点では逆に、余剰部品を多用するHP本来の戦略が
中途半端に残ってしまった2140(Atom N270)は、
それが致命傷になりかねない。

値段:某有名家電店では本日(23日)展示開始。
Office無しが57,000円のポイント10%で案内された。
2、3ヶ月もすれば、通販で4万円程度にはなるハズ。

確かに縦解像度600pxってのは情報が散在するWEB閲覧向きではないが、
率直に言ってこの価格なら、
用途は後から付いて来ると思って良い。

なにせ、大容量バッテリー(オプション)でカタログ駆動10時間ってのは、
今までPCが無かったシーンには打って付け。

大容量の場合、本体は1.33kg。筐体からの張り出しは↓
ux1

今回UXが16:10画面を採用したってのは、
今流行の10.1型1,366x768px版が、後から追加されない事を意味している。

確かに作業一般用途ならXGA以上必須と言いたくもなるが、
その10″HDにしたってドットピッチ0.164ミリと、
賛否両論の15.4″WUXGAの0.173ミリより更に小さい訳で、
そうなるとどの道、10.1型以下で快適作業ってのは無いんだから、
寧ろ10″HDってのは、PC台数を抑える、ビンボー人の発想かもしれない。

2009.4. 23木曜日 - Posted by | ポイントスティックモバイル旧モデル, レッツノート, ①NEC, ③東芝, ④SONY, ⑤Panasonic, ⑦lenovo, ⑧hp, ⑨DELL, ⑪液晶, ⑫キーボード、タッチパッド等, ⑭CPU, 用途①:WEB、掲示板の閲覧, 用途②:動画サイト閲覧, 用途④:動画鑑賞, 用途⑨:持ち歩き, IdeaPad S10-2, Inspiron Mini 10, Mini 5103, ThinkPad X230, ThinkPad X旧モデル, Uncategorized, XPS、ALIENWARE以外の個人向け

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。