ProjectSmall

小型PC専門の解説サイト

Inspiron Mini 10を、買わない理由を挙げてみる。

mini10

この春、モバイル買うにあたって、Inspiron Mini 10が基準になる事は間違いない。

幅261x奥行182.5x高さ25.3-28ミリ、1.17kg~にしてファンレスな筐体、
10.1型には非光沢WXGA(1,366×768、USサイトではプラス$35で受注開始!)が選べて、
17.5ミリピッチのキーボード(生活防水)、XP Home、省電力なAtom Z、最大160GBのHDD、
nやBluetooth 2.1を選択できる無線、HDMI端子、130万画素WEBカメラ、
自宅PCに保存された音楽、画像、映像にも外出先からアクセス出来る「Remote Access」と、
戦闘力抜群だ。

あらを探してもメモリ1GB固定なのと、Atom Zに組み合わされるUS15Wチップ起因の弱点
スペック解説★チップセットの最後の方を参照の事)くらい。

今回は、このMini 10を出発点とした場合、他のモバイルはどうなのかってのを考えてみた。


富士通 LOOX U
(光沢5.6型1280×800ドット、約550グラム(SSD搭載時)、カタログ駆動約5.3時間
幅171x奥行135x高さ26.5-33ミリ):

XP、Atom Z、グラフィックが弱いチップ、メモリ1GB固定はこちらも同じ。
解像度も負けてない。

小型タブレット故、タッチタイプ出来ないのと、ファン音うるさいのが難点。
Mini 10とどちらが良いかは、ユーザーの生活スタイルや、他にどんなPCを持ってるかが決める。


東芝 NB100(の内、XP+HDDモデル。
光沢8.9型1,024×600ドット、1,070グラム、カタログ駆動3.7時間、
幅225x奥行190.5x高さ29.5-33ミリ):

NB100のウリはやっぱ、綺麗液晶
最大2GBメモリやGMA500よりマシなグラフィックは、ネットブックの一般的仕様。

DVD画質(720×480)の動画、ニコ動、YouTube(&fmt=22以外)には
NB100を超える解像度は不要だし、最近は現行モデルでさえ3万円前後で売られる場合もあり、
腐っても国産メーカーっていう安心感も捨て難い。

クロックダウン・モードなら、熱くはなるがファンは殆ど回らない。
WEB閲覧には不便な解像度、タッチタイプには辛いキーサイズなので、
軽い動画見る専用だろう。

e38381e381bae38394
SONY VAIO type P(光沢8型1600×768ドット、588グラム~、カタログ駆動4~4.5時間
幅245x奥行120x高さ19.8ミリ):

Atom Zとチップは同じだが、こちらはメモリ2GB標準で代わりにVista。

type Pを使えるまでにするにはユーザーによる調教が必要で、
液晶サイズ、UIからしてどの道、Mini 10より使い易くはならない。

しかし元々モバイルしてない人が、ファッションも兼ねてモバイル始めるなら、
断然type P
だろう。ホントSONYは、必要無いPC買わせる事に関しては天才的w

e3828ce381a3e381a4e38289
Panasonic レッツノート R8(非光沢10.4型XGA、約930グラム、カタログ駆動8時間
幅229x奥行187x高さ29.4-42.5ミリ):

本格モバイルの代表選手。Mini 10に負けてるのは
・ファン付で静かじゃない
・筐体が分厚い
・横解像度(視認性はその分、R8が上)
・12万円~と価格も本格的
といった処で逆に、モバイル要件(サイズ、重さ、頑丈+サポート、バッテリー持ち)と
処理能力はR8が圧倒する。

液晶LEDバックライトな為、今まで以上に長持ちさせられるので、価格差は妥当かと。

e5b7a5e4baba
工人舎 SX(光沢8.9型WXGA(1,280×768)、1.25kg、カタログ駆動3.7時間、
幅225x奥行185x高さ22-33ミリ):

Atom Z、US15WチップながらこちらもXP Home標準搭載。
SXが良いのは、メモリ2GBも行ける事。

機能満載な為、ちと重いが、
ワンセグ感度が悪い以外はユーザーの不満も聞かない。
基本的に冷却ファンも静か。

タッチスクリーンであるにも拘わらずLOOX U同様、発色も悪くない。

直販価格ですら7万円切っており、タブレット・スタイルと
光学ドライブに価値を見出せるなら、限りなく理想のマシン。

タブレット系では他にGIGABYTE M912ってのもあるが、
そちらは販売店がイマイチでサポートに不安がある為、お勧めしない。


HP Mini 2140
(液晶写り込みが酷いので、非光沢フィルム「DA-PFA101H」(アイ・オー・データ製)必須。
10.1型、現状は1.19kg、標準の3セルで最大駆動4.5時間6セルだと9時間)、
幅261x奥行166x高さ27.2-35.5ミリ):

HD解像度(1,366×768)版が間もなく登場。(USサイトではプラス$30で受注開始!)

主要スペックはネットブック標準ながら、
作りのシッカリ度、Express Card/54スロット、
DVI出力
(ポートリプリケータ経由)がウリ。


ASUS EeePC 901(8.9型非光沢、1.1kg、カタログ駆動約8.3時間
幅225x奥行175.5x高さ22.7-39ミリ):

ウリは長時間駆動と、ThinkPadと並ぶ、統計上最高の安定性!
(ThinkPadに無難さを求めるなら非RADEONって事で・・)

新しく出たEeePC 1000HEは、駆動時間が901より長く、
キーボードもマトモになったが、いかんせん、1.45kgってのが駄目過ぎる。

最後に信頼性繋がりの話題を1つ。

Googleが数万台のHDDを業務使用する中で、メーカーごとの故障率を調べた。
って記事が以前あったけど当時、結果は公表されなかった。

しかし最近、Googleが自社サーバーを公開した際、
使われていたHDDは日立一色
であった!

HDDは今後、選べる事なら日立をお勧めしておく。

2009.4. 5日曜日 - Posted by | ポイントスティックモバイル旧モデル, レッツノート, ②富士通, ③東芝, ④SONY, ⑤Panasonic, ⑦lenovo, ⑧hp, ⑨DELL, ⑩他メーカー, ⑪液晶, ⑫キーボード、タッチパッド等, ⑬OS, ⑭CPU, ⑮チップセット、GPU, ⑯メモリ, ⑳保証, ○○なPCが欲しい。, 用途①:WEB、掲示板の閲覧, 用途②:動画サイト閲覧, 用途④:動画鑑賞, 用途⑨:持ち歩き, EeePC 1000HE, GIGABYTE T1028X, IdeaPad S10-2, Inspiron Mini 10, Mini 5103, ThinkPad 薄型旧モデル, ThinkPad Lシリーズ, ThinkPad T430, ThinkPad T530, ThinkPad Tシリーズ, ThinkPad Twist / Helix, ThinkPad W530, ThinkPad W701, ThinkPad X230, ThinkPad X旧モデル, ThinkPadコンシューマ旧モデル, Uncategorized, XPS、ALIENWARE以外の個人向け, 周辺①接続, 周辺②ソフトウェア, 工人舎 EX

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。