ProjectSmall

小型PC専門の解説サイト

給付金レベルでPC環境を一変させる周辺機器・パーツが欲しい。

一人分の給付額で収まるものばかりではないが要は、
少ない出資で大きな効果を期待出来るものを集めてみた。


BenQ E2200HD価格):

21.5型フルHD(1,920×1,080ドット)モニタ。非光沢画面。

ドットピッチはWXGA(1,280×800)で言うと、
15.4型と14.1型の中間
くらいで、
ノートPCよりも遠目で見られるって訳じゃない。

視野角は、正面で見る限り問題無いってレベル。

安モニタ故、デジタル出力できるPCでないと、
ノートの液晶より写りが汚いって事にもなりかねない。

しかしこの3点さえクリア出来るなら、
フツーに画質も綺麗だし(1年前のノートと違って8ビットフルカラー)、
台座込み4.8kg+VESAマウント100×100ミリ対応だし、
ギラツキやインバータ鳴きが酷い訳でもなく、
とにかく大型テレビの解像度が2万円で買えるってスバラシイ!

光沢画面をご希望の方や、アナログ接続を余儀なくされる場合には、
20型WSXGA+三菱RDT204WM-Sをお勧めしておく。


ユニットコム 凄腕 UNI-LCD-ARM02(3,980円):

安くて良いモニタアームの定番と言えば長らく、エルゴトロンLXだった訳だが、
それでも1万、2万は余裕でしていて、モニタの低価格化に取り残された感があった。

しかしこの凄腕というアームは耐荷重も10kg仕様だし、
その2/3以内の重さのモニタを、位置決めにて使う
程度であれば、
充分、エルゴトロンの代用が勤まる。

e383a1e383a2e383aae794bbe5838f
メモリ

巷でPCスペックの話題と言えば、マルチコアCPUであったり、
SSDであったりする訳だが、それは既にメモリ満載
(32ビットWindows上での有効は、ビデオメモリへの供給込み3.25GB)
が済んでいる人の話であり、メモリ増設程、劇的な費用対効果がないのも事実である。

XPを使ってて今現在、メモリ使用量をモニタしても1GB程度で済んでるって方でも、
ビデオメモリへの割当が増える分、合計2GBまでなら増設効果は体感出来るハズ。

メモリってのはPCメーカー純正だとかなり立派な値段になるが、
かと言ってバルク品だと、相性問題で重大エラーを引き起こす心配もある。

なのでアイオー・データによる検証済みメモリ型番をコチラで探し、
5年保証モノで充分なので、価格コム等参考にして購入すれば良いと思う。


BUFFALO 外付けHDD HD-HESU2シリーズ
(のウチ、外箱バーコードに貼られているシールの左側がオレンジの丸):

外付けHDDの問題点は、

・既製品だと中身のHDDメーカーが選べない。
・バルクHDD+HDDケースだと、USBでのスピードが出ない。電源連動機能無し。

しかしバッファローの既製品だと、中身のメーカーを外箱で確認できるので、
上記問題の両方が解決する。

シールに対応するメーカーは、

優良:オレンジ丸⇒日立
次点:赤四角⇒WD
問題あり:黄色丸⇒Seagate
駄目:白丸⇒サムスン

で、シールは1つしか貼られてない場合もある。(その場合はそのシールで確認)

店頭で並んでいても、このシールがオレンジか白かで、
2年後のHDD生存率は全く違ってくる。

PC関連というのは、通販で買わない奴は情弱とさえ言われるのだが、
こと、外付けHDDに関しては、少々高くても店頭でシールを確認しながら購入すべき。

ちなみに3年間保証は、バッファローのHDD1台型には、
このHD-HESU2シリーズにしかなく、
特別必要なければ、eSATAモデルよりコッチじゃね?

システムまるごと引越しソフト、Acronis TrueImage LE が付属してるので、
PC内蔵HDDの交換の際にも利用できる。ノート用2.5インチならコチラが評判良い。

古いPCのHDD交換の場合、IDE/SATAや128GBの壁に注意。


IODATA BRD-UXP8(外付型。価格


BUFFALO BR-PI816FBS-BK(デスクトップ内蔵型。価格

それぞれ、8倍速書込み(BD-R)対応のブルーレイ・ドライブ。

ブルーレイの場合、理論上最速とされるのが12倍速なので、
2倍速、4倍速時代からの様な飛躍的向上は、今後は望めない。

国産メディア価格が容量当たりで、DVDと同程度になった今、
データ保存用としてもブルーレイは鉄板になった。

中身のドライブのメーカーは現在、焼き品質順に
パイオニア>パナソニック>(ここまで問題なし)>日立LG
との事

パイオニア8倍速の搭載は現在、自社製としかなく、ノートPCでは利用できない。

一方、パナソニック8倍速の搭載は現在、外付型ではしか生産されてない。

実はバッファローも当初、と同じ型番のドライブを採用していたのだが、
コストダウンの為、発売3ヶ月足らずで日立LGのに鞍替えしてしまった。
私といえばその鞍替え直前のバッファローものを、
付録のPowerDVD7(TTHD版)欲しさに購入してしまった訳だがw

powerdvd
CyberLink PowerDVD 9
(ソフトウェア。4,900円(Standard)~11,800円(Ultra)):

液晶交換以外では現状、最も動画再生を美しく出来るツール

ウリは何といっても、480p⇒1080pにアップスケール出来るTrueTheater HD

要求スペックも、通常電圧版デュアルコアCPUでありさえすれば、
あとはメモリ満載だけで何とかなりそうだ。

それにしても、以前バッファロー製品に付いて来た
PowerDVD7(TTHD版)の方が、更に優秀って事は、
どー考えても同じ人の開発じゃないだろw

2009.3. 29日曜日 - Posted by | ⑪液晶, ⑭CPU, ⑯メモリ, ⑰HDD(SSD), ⑱光学ドライブ, ○○なデバイスはどうよ?, ○○なPCが欲しい。, 用途①:WEB、掲示板の閲覧, 用途②:動画サイト閲覧, 用途③:ワード、エクセル, 用途④:動画鑑賞, 用途⑤:ファイルサーバ、ファイル交換, 用途⑦:プログラミング, 用途⑧:3Dゲーム, Uncategorized, 周辺①接続, 周辺②ソフトウェア

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。