ProjectSmall

小型PC専門の解説サイト

とにかく頑丈なノートが欲しい。

温度(オーブン加熱、急速冷凍)、湿気、粉塵、振動、加圧など
米軍が定める8規格に合格すると、
現場や車両での使用に適した「セミラグドPC」の称号を得る訳だが、
今回はそんな厳ついノートの中から、
PCとしての実用性(WXGA以上の画面解像度)があるものをご紹介する。

e382bfe38395
Panasonic タフブック CF-52(15.4型WUXGA(低反射処理)、
筐体厚50.7-51.9ミリ、3.4 kg、カタログ駆動4.5時間):

WUXGAなので独立GPUを積む訳だが、
それが信頼性に欠けるRadeon HD 3650ってんじゃ、
狼の皮を被った羊と言われてもしょうがない。

価格.com最安店でも未だ、30万円以上。

x301
現行ThinkPad Xシリーズ、Tシリーズ、R400、SL300

薄型(X、T)、低価格(R400、SL300)のまま、米軍8規格をクリアする処こそ、
日本の底力!(大和事業所)

マッチョとは無縁な外観からつい、
他メーカーとのスペック、価格比較なんぞ、してしまいがちだが、
頑丈さで言うなら、
本稿で紹介しないメーカーでは所詮、「自作」の域を出ないとさえ言える。

国益を考えると、大和の技術流出先が中国ってのは宜しくない。

ま、ThinkPadとしての真骨頂は、壊れたときの保守のし易さ
(保守マニュアル、部品調達。それでも駄目ならIBMサポート。)
にある訳だが。

ThinkPadの場合、部品マルチベンダ絡みの品質バラツキは否めない。
キーボード交換くらいはしょうがないが、せめて液晶くらいはハズレたくないものだ。
したがってセミラグド認定モデルでは、液晶パネルがシングルベンダとなる

・X200sのWXGA+(12.1型、筐体厚20.7-28.7ミリ、1.33Kg、
カタログ駆動4.2時間(4セル)(数値はいずれもカタログモデル(WXGA)のもの))

・X301(13.3型WXGA+筐体厚18.6-23.4ミリ、
1.33Kg(光学なし)/1.42Kg(光学あり)、カタログ駆動3.2 時間(3セル)
(数値はいずれもX300のもの))

・T400のHN(高輝度)LEDバックライト(14.1型WXGA、筐体厚27.6-31.9ミリ、
2.28Kg、カタログ駆動6.4~6.6時間(6セル)(数値はいずれもカタログモデルのもの))

が現在のお勧め。

atg
DELL Latitude ATG E6400(14.1型WXGA高輝度LEDバックライト、
タッチスクリーンもあり。筐体厚33.0-36.9ミリ、2.52 kg):

Core 2 Duo T9600(2.80GHz、L2は6MB)固定。グラフィックは手堅く内蔵。

普通のE6400から最薄部7.6ミリ、最厚部5.9ミリ厚くなってるのと、
価格が跳ね上がるのが、ThinkPadとの違い。
旧式のATG D630でさえ、未だ30万円以上で直販してる。

D630には更に厳つい、こういうのもあった。

2009.2. 28土曜日 - Posted by | タフブック, ⑤Panasonic, ⑦lenovo, ⑨DELL, ⑪液晶, ⑭CPU, ⑮チップセット、GPU, ○○なPCが欲しい。, 用途⑨:持ち歩き, Latitude, ThinkPad 薄型旧モデル, ThinkPad Lシリーズ, ThinkPad T430, ThinkPad T530, ThinkPad Tシリーズ, ThinkPad Twist / Helix, ThinkPad X230, ThinkPad X旧モデル, ThinkPadコンシューマ旧モデル, Uncategorized, 法人向け

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。