ProjectSmall

小型PC専門の解説サイト

ホームユースに耐えるリアル・モバイルが欲しい。

前回の投稿、「寝モバが欲しい。」では、
スペック要件が厳し過ぎ、表示サイズが最も大きな液晶でさえ、
8.9インチWXGA(1280×768、ドットピッチ0.151ミリ)という、
普通のノートとしては使えない特集になってしまった。
なにせこれは、表示が小さい事で頻繁にヤリ玉に挙がる、
15.4インチWUXGA(1920×1200、ドットピッチ0.173ミリ)よりも、
さらに小さいのだから、いかに無理があるかは判ろうってもんだ。

そこで今回は、
①単体ではリアル・モバイル(12.1インチ液晶以下)
②普通のノートと変わらない作業性WXGAドットピッチ0.2ミリ以上)
③家では外付けモニタにデジタル出力できる
(寝床用にはモニタ・アームを使えばイイ訳だし。)
の3つを満たすノートをご紹介する。
結果として全て、画面は12.1インチWXGA(1280×800、ドットピッチ0.204ミリ)、
リカバリ・メディアないしプリ・インストで、XPを選択可。

富士通 LOOX R(約1.3キロ、カタログ駆動10時間以上):
ポートリプリケータにDVI出力端子がある。
排熱、静音性では、兄貴分のFMV-BIBLO MG(14.1型)をも遥かに凌ぎ、
据置型としても、安心して使える。

東芝 dynabook SS RX2(HDD、光学ドライブありで約1.1キロ
カタログ駆動は約11.5時間だが、実測は4~6時間程度):
ポートリプリケータにDVI出力端子がある。
この筐体であり続ける限り、RX3、RX4となっても熱くてウルサイってトコは
変わらないだろう。カタログ駆動の手前、半透過液晶も止められないだろうし。

レノボ ThinkPad X200(1.35キロ~、カタログ駆動4時間(4セル)):
ドッキング・ステーション(ウルトラベース)にDisplayPortあり。
上記2台と違って2.26~2.4GHzのCore 2 Duoを搭載しており、
ワガママ言わなければ、
デスクトップPCを他に用意する必要すらない程の完成度
いや、上記2台でも今現在は困らないかも知れないが、
YouTube、ニコ動など動画サイトにおける、
高画質コンテンツの増え具合を見るに、その2台よりマシなCPUを積む
X301でさえ、用途限定機に格下げされるのに、さほど時間は掛からないだろう。
あ、X200の場合、光学ドライブはウルトラベース側に装着する事になる。

もう少し液晶ベゼルはスリムに出来なかったものか?とも思うが、
直販最小構成で上記2台の2/3という圧倒的価格競争力と、
硬質な頑丈さを考えれば、このご時世、文句は言えまい。

余談だが、X200sにはWXGA+(1440×900ドット)が来るとの事。

HP Compaq 2230s/CT(約 1.58kキロ(1スピンドル時)、
カタログ駆動4.3時間(4セル)、90%充電まで 約 1.5 時間):
本体にHDMI端子。ドッキング・デバイスがないのでメンドイかも。
こちらもX200同様のCPUを搭載する。
が、「/CT」型番のノートだけに、HPとしては本気モデルではないのだろう。
筐体も無駄にデカイ処があるし。
しっかし、あっちはプレミアム会員向け価格とはいえ、
X200と同程度の価格って、売れるのかね?これ。

2008.9. 24水曜日 - Posted by | 1年保証が標準の法人モデル, ②富士通, ③東芝, ⑦lenovo, ⑧hp, ⑪液晶, ⑬OS, ⑭CPU, ⑱光学ドライブ, ○○なPCが欲しい。, Compaq 2230s/CT, 用途①:WEB、掲示板の閲覧, 用途②:動画サイト閲覧, 用途⑨:持ち歩き, dynabook R732, LIFEBOOK SH, ThinkPad 薄型旧モデル, ThinkPad X230, ThinkPad X旧モデル, Uncategorized, 周辺①接続

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。