ProjectSmall

小型PC専門の解説サイト

快適な寝モバが欲しい。

仰向けになり、お腹にノートPCを載せ(通称ラッコ・スタイル)、
就寝前の優雅なひとときを過ごす・・・イイですねぇ。
ってな訳で今回は、そんな寝たままモバイル目的のノートをご紹介。

まずはスペック要件から。

■筐体:やっぱタブレットでしょう。なんちゃってでも。
(手書き入力できる事が本物タブレットの定義だが、それは要らない。
キーボードが邪魔にならなければ、タッチパネルである必要すらない。)
その代わり重量は、1キロ台前半じゃなきゃ息苦しい。

■液晶:WEB閲覧が普通に出来る、XGA(1024×768ドット)以上の解像度。

では候補を挙げていく

富士通 LOOX U5.6型WXGA(1280×800ドット)、565グラム):

CPUにはAtom Zを採用。Eee PCなんかに使われてるAtomとは別物で、
性能と省電力(低発熱)を両立させている。液晶はすこぶる綺麗
視野角が広いのでピポット時でも見易い。
冷却ファンは動くか止まるかしかなく、熱がこもったのを見計らって動く訳だが、
作動時は、図書館では使い辛いかな?程度の音量がある。

ただ、640×480ドット(DVD画質)程度でも、全画面の動画再生では
駒落ちし易く
、この辺は、コーデックなり、プレイヤーなり、設定なりで何とかするしかない。
それでもCPUが追いつかないせいか、音切れする場合もある。
ま、Vistaオンリーの販売は崩せないだろうから、
12/15追伸:MSのULCPC基準が変更され、本日、XPモデルが追加された。)
サクサク使えるモバイルをお求めの方は、せめて以下の選択
①メモリ2GB
②SSD
が出来る様になるのを待った方がイイ。

①は現在、チップセット仕様で最大1GB制限があるのだが、
同チップに関しては、PCメーカー独自で2GB対応には出来る(例:工人舎SX)。

12/28追伸:今やチップセット仕様すら、最大2GBに記載変更されてたw

②は現在でも選択自体は出来る。
しかしプラス9万円で64GBじゃ出来ないも同然だ。
SSDはインテルが製造を軌道に乗せれば劇的に値崩れするものと思われ、
これも半年程、様子見した方が良さそうだ。

メモリ増設にしてもHDD交換にしても、LOOX Uの場合、一般人には難しいので、
本体購入時にしてもらうしかない訳だし。

富士通 LOOX P(8.9型WXGA(1280×768ドット)、最軽量構成で1キロ弱):
最新技術を惜しみなく注ぎ込んだ、理想のモバイルの一つ。
排熱・静音性にも抜かりが無い。基本的に直販オンリーな事もあり、
価格的にも妥協がないが。
尚、XP希望の方には、法人向けのFMV-P8260がある(ダウングレード後出荷)。

工人舎 SX(8.9型WXGA(1280×768ドット)、
光学ドライブ内蔵で1,250グラム):
LOOX U同様、Vista+メモリ最大1GB+1.8″HDDであり、
動作的に厳しいのは否めない。
ただしこちらはメモリ2GBでの動作報告多数。
液晶はそこそこ綺麗。

ギガバイト M912(8.9型WXGA(1280×768ドット)、1.3kg):

今回紹介する4台中、唯一、2.5″HDD(160GB)を搭載し、
その分、筐体は厚い(28~42ミリ)が、動画再生などの
CPU依存の作業を除けば、4台のHDDモデル中、最もサクサク感はあるかも。
これにはXPモデルである事も有利に作用しているし、
メモリ2GBをサポートするのも大きい。
(メモリスロットが1つなので増設でなく、交換となるが。)

ただ、他の3台と違うのは、省電力機能のないCPU
(Eee PC等に使われてるAtom N)を搭載している事もあってか、
筐体底面が熱くなる事。低温火傷にはご注意を。

CPU的にネットブックに分類される事もある安物ではあるが、
タッチパネルの感度も悪くないし、
液晶画質も感圧フィルムありだから、こんなモンか。

液晶ヒンジのシッカリ感には個体差あるみたい。

2008.9. 22月曜日 - Posted by | ネットブック, ②富士通, ⑩他メーカー, ⑪液晶, ⑫キーボード、タッチパッド等, ⑬OS, ⑭CPU, ⑮チップセット、GPU, ⑯メモリ, ⑰HDD(SSD), ⑱光学ドライブ, ○○なPCが欲しい。, 用途①:WEB、掲示板の閲覧, 用途②:動画サイト閲覧, 用途④:動画鑑賞, 用途⑨:持ち歩き, Eee PC 901, GIGABYTE T1028X, Uncategorized, 工人舎 EX

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。