ProjectSmall

小型PC専門の解説サイト

Qosmioがゴチャゴチャしてて判り難い件。

前モデルまではdynabookのAXやTXにも、
バックライト2灯、490カンデラの本気液晶を載せたモデルがあった訳だが、
今シーズンから東芝は、A4本気モデルはQosmio一本で行くらしい。
それを受けてQosmioは、液晶サイズが3種類、地デジ有り無し、
店頭モデル、直販モデルと、訳判らなくなってきた。
そこで本稿では、東芝サイトでさえ一元的にまとめていない、Qosmioまとめに挑んでみた。

先に項目を補足しておくと、まず、型番の最後に「W」が付くのは直販モデル。
液晶画質は最高表記が、「2灯式バックライト・高色純度・広視野角・低反射」である。
GPUについては、ゲームやらない人なら9800M、9700Mは弊害の方が大きいだろう。
SpursEngineは、DVDのアップコンバート(高画素化変換)機能が嬉しい。

モデル (サイズ)    液晶解像度     液晶画質                           GPU、SpursEngine   地デジ

G50(W)(18.4″)  1,920×1,080     2灯、高色、広角、低反    9600M GT、有          x2、W録

F50/88G(15.4″)   1,280×800        2灯、高色、広角、低反   9600M GT、有          x2、W録

F50W(15.4″)       1,280×800        2灯、高色、広角、低反    9600M GT、有         x1

F50/86G(15.4″)   1,280×800        2灯、高色、広角、低反    内蔵、無                 x1

GXW(18.4″)         1,920×1,080    2灯、高色、広角、低反    9600M GT、無         無

GX(18.4″)            1,680×945       低反                             9600M GT、無         無

FX(W)(15.4″)      1,280×800       低反                             9600M GT、無         無

WXW/79GW(17″)1,680×1,050     低反                              9800M GTX、無      無

WXW/77GW(17″)1,680×1,050     低反                              9700M GTS、無      無

–    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –    –

で、どれがイイかって?ゲームやる人ならWXWは定番と言えるが、
ハッキリ言ってそれ以外のQosmioはお勧めしかねる。
18.4″なら、SpursEngineより、フルカラー液晶のVAIO type Aに分があるし、そもそも、
Qosmio Gシリーズには代々、排熱不足で液晶縦線問題を引き起こしてきた前科がある。
15.4″の方は、他のスペックに拘るには、あまりに液晶解像度が足りない。

e382b9e38391e383bce382b9

2008.9. 14日曜日 - Posted by | メインストリーム旧モデル, ③東芝, ④SONY, ⑪液晶, ⑮チップセット、GPU, ○○なPCが欲しい。, 用途④:動画鑑賞, 用途⑥:エンコ, 用途⑧:3Dゲーム, 直販大型旧モデル, dynabook Qosmio, Uncategorized, 大型液晶旧モデル

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。