ProjectSmall

小型PC専門の解説サイト

WEB閲覧に最適なノートが欲しい。

WEB閲覧くらい、出来ないPCの方が少ない訳だが、
「快適に」となると、最低でもWXGA+(1440×900)の画面解像度が要るだろう。
理由は、

WEB閲覧では、欲しい情報は散在するのが普通であり、
スペック解説ページ★画面解像度の欄で触れた様に、
縦解像度の僅かな増減が、快適性を大きく左右する

■単体モニタはワイド型だと一般に、最低解像度がWXGA+であり、
WEB製作者が、コレ未満の解像度での利便性を考慮してない事がある為。

では、WXGA+以上すなわち、ワイドでは
WXGA+(1440×900)
WSXGA+(1680×1050)
フルHD(1920×1080、ここだけ16:9。他のワイドは16:10で縦が多い。)
WUXGA(1920×1200)
非ワイドでは
SXGA+(1400×1050)
のノートに、WEB閲覧中心に使う事を前提としたコメントを付けて行く。

NEC LaVie(G タイプ)C(15.4″の、WUXGAまたは光沢WXGA+):
ただし、08年秋・冬モデルでインテル・チップに戻るのを待て
WUXGAを選択しても比較的安く
WXGA+NTSC比90%のEX3液晶。
EX3液晶は、擬似カラー故のチラツキがあり、
長時間使用なら、外付けモニタへHDMI出力だろう。

NEC LaVie(G タイプ)L アドバンスト(15.4″光沢WXGA+):
上のLaVie Cと違い、外付けモニタへ出力するには非力だが、
こちらは既に、インテル・チップに戻っており、
EX3液晶が安価に選べる事から、
動画鑑賞を兼ねてのライト・ユースにお勧め。
「XPモデル」を選べる、唯一のキレイ液晶ノート。

富士通 FMV-BIBLO NX(17″光沢WXGA+):老眼向け。

東芝 dynabook Qosmio G50(18.4″光沢フルHD):
WEB閲覧での使い勝手を決める縦解像度はSXGA+に近く、
SXGA+の14.1″と15″の中間くらいの表示サイズ(ドットピッチ)になる。

東芝 dynabook Qosmio WXW(17″光沢WSXGA+):
WEB閲覧が出来なくはないが、その為に厚さ62.5ミリの筐体は要らんわなw

SONY VAIO type FW(16.4″光沢WXGA++(1600×900ドット)):
VAIOのクリアブラックは、非光沢並に写り込みを抑えてる
(他機種にあるクリアブラック「LE」ってのは駄目。)
発色も控えめで見易い。

SONY VAIO type Z(13.1″WXGA++(1600×900ドット)):
FWもそうだが、高解像度とはいえWEB閲覧においては、
縦900ドット分の便利さに変わりない

パナソニック レッツノートY(14.1″SXGA+):
WEB閲覧では白背景である事が多く、目が疲れ易いギラツキ 液晶は致命的。
真正面から見ても上下で色が変わる程の視野角の狭さも相まって、
とても長時間の使用には耐えない
高解像度モバイルの黄金比、14″SXGA+の最後の生き残りがコレとは悲し過ぎ。

エプソン Endeavor NJ3000(15.4″WXGA+):
光沢・非光沢を選べる液晶、無難な造り、最速のサポートと、
消去法では、必ず最後まで残るノート。

エプソン Endeavor NJ2100(15.4″WXGA+)、NJ1000(15″SXGA+):
最小構成の6万円台半ばで買うべきノート。
これに保証を付けるかどうかは迷い処。

レノボ ThinkPad T61p(15.4″WUXGA)、T61(14.1″WXGA+)、
R61(15.4″WSXGA+)、X300(13.3″WXGA+

近々、大幅なモデル・チェンジを迎えるが、ミテクレさえ気にならなければ、
それ以上、失望する事はないであろう。
地味液晶も目を疲れさせない

レノボ ThinkPad X61t(12.1″SXGA+タブレット):
ノートPCで唯一の非TN液晶で視野角はイイのだが、
ギラツキがあり目が疲れる。感圧フィルタのせいで、ちょっと暗い。

HP Compaq 8710w(17″の、WUXGAまたはWSXGA+)、
8510w(15.4″の、WUXGAまたはWSXGA+):
WEB閲覧が出来なくはないが、その為にこの爆熱は要らんわなw

HP EliteBook(14.1″WXGA+):近日発売。

HP Compaq 6710b/CT(15.4″WSXGA+):
丁度イイ解像度、WSXGA+では最も安い8万円台半ば~
たとえマルチ・ベンダでも、WSXGA+パネルにハズレ画質は殆ど無い
キレイでもないが。

HP Pavilion dv9xxx(17″光沢の、WSXGA+またはWXGA+):
WSXGA+の方は画質がマトモ。17″が10万円~の価格とは言え、
色気を出してコレ買うくらいなら、サポがあるエプソンにしといた方が無難ではある。

Dell Precision M6300(17″WUXGA
Precision M4300(15.4″の、WUXGAまたはWSXGA+)、
Precision M2300(14.1″WXGA+

Latitude D830(15.4″の、WUXGAまたはWSXGA+)、
D530(15″SXGA+)、D630(14.1″WXGA+

モノではThinkPadに及ばないが、サポートは法人向けDELLの方が評判イイ

×DELL Vostro 1400(14.1″光沢WXGA+):
光沢液晶で写り込みも激しい。

DELL XPS M1730(17″光沢WUXGA):
光沢液晶だが画質はイマイチ。XPS専用サポートは評判イイ

この中で、表示が小さくて注意が必要なのは
■15.4″WUXGA
■12.1″SXGA+
であり、逆にこれ以外は、一般に売られているという意味では、
無理がなく、数日で慣れるという事だ。
どーしても小さ過ぎと思っても、文字サイズに関しては変更可能
大きくする場合でも、元が高解像度なら、文字をより美しく表示する。
画像や映像などのサイズも、Firefox 3なら変更可能
これにより、高解像度を避ける理由が完全に消滅した。

2008.6. 28土曜日 - Posted by | 1年保証が標準の法人モデル, 3年標準保証モデル, レッツノート, ①NEC, ②富士通, ③東芝, ④SONY, ⑤Panasonic, ⑥エプソン, ⑦lenovo, ⑧hp, ⑨DELL, ⑪液晶, ⑮チップセット、GPU, ⑳保証, ○○なPCが欲しい。, 用途①:WEB、掲示板の閲覧, 用途②:動画サイト閲覧, 用途③:ワード、エクセル, 用途④:動画鑑賞, 用途⑦:プログラミング, 用途⑧:3Dゲーム, 直販大型旧モデル, dynabook Qosmio, Endeavor NJ3700E, LaVie L, Pavilion dv7-7000, ThinkPad 薄型旧モデル, ThinkPad Lシリーズ, ThinkPad T430, ThinkPad T430s, ThinkPad T530, ThinkPad Tシリーズ, ThinkPad X61, Uncategorized, VAIO F, VAIO Z, XPS, 周辺①接続, 大型液晶旧モデル, 法人向け

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。