ProjectSmall

小型PC専門の解説サイト

保証の手厚いノートが欲しい。

メーカー保証の内容の手厚さ、値段の安さは、そのまま、
自社製品に対する自信の現れと見て良い。
メーカー程、自社製品の故障率を把握している者はいないのだから。

持ち運びの多い小型ノートの水濡れ・落下の保証は
メーカーにしたら、最もリスキーな保証であり、
逆に言えば、頑丈さのアピールになる。

そこで、ノートPCに対する水濡れ・落下のメーカー保証をまとめてみた。

◎補償限度額なし

NEC(3年で11,025円。キャンペーン時3,150円。NEC Direct価格。)

SONY(3年で7,000円(C)、10,000円(FW、S)、14,000円(A、Z、T)など。
直販価格。)

○一度の補償限度あり・累計限度額なし

レノボ(それぞれ3年で、T/Xシリーズ19,740円、R/Gシリーズ22,470円、
Lenovo 3000 Notebook19,950円。以上、ThinkVantageClub価格。
全シリーズ盗難・紛失対応
一部損で10万を超えた分は客が負担。
全損の場合は5万円負担。
ただThinkPadなら、10万を超える様な壊れ方は、殆どしない。)

○一度の補償限度あり・累計限度の記載なし

エプソン(3年で11,235円+標準保証料金。一度の補償限度は、
最初の一ヶ月は、本体購入金額。
以後毎月、本体購入金額の1/36ずつ減額。)

△累計補償限度あり

Panasonic(それぞれ3年で、R/Tシリーズ10,500円、W/Yシリーズ12,600円。
以上、マイレッツ倶楽部価格。累計保証限度は
1年目 ご購入金額の100%まで
2年目 ご購入金額の70%まで
3年目 ご購入金額の50%まで)

hp(それぞれ3年で、通常保証3年モデル7,245円、
通常保証1年の法人モデル16,275円。
以上、HP Directplus価格。累計補償限度は16万円。)

DELL(累計補償限度は本体購入金額。それぞれ3年で、
Vostroは3,150円+標準保証料金。盗難対応追加は1,050円
Latitude(翌営業日出張対応)は無料。盗難対応追加は1,050円
Precision(平日の当日出張対応)は10,290円。盗難対応だと15,750円。
XPS(法人向け、個人購入可、出張・盗難対応)15,750円。

–   –   –   –   –   –   –   –   –   –   –   –   –   –   –   –   –   –

水濡れ・落下の保証っていうのは、ユーザー過失に対する保証であるが、
これがあるとないとでは、メーカー過失に対する標準保証の信頼性すら変わってくる
例えば、あなたが普段どおりPCを使っていたら、突然、不調が出たとしよう。
何の心当たりも無く、メーカーに問い合わせても、
そこで、どちらに過失があるかを判断するのはメーカー側である。
小額ならともかく、新しいの買った方が早い場合もあり、
泣き寝入りになってしまう、いい加減なメーカーは少なくない。

水濡れ・落下の保証は、販売店が主体で行うケースは極めて稀だ。
したがって、ノートPCを選ぶ場合まず、
この保証があるメーカーに絞り込む事から始めても、間違いではない。

2008.5. 11日曜日 - Posted by | ①NEC, ②富士通, ③東芝, ④SONY, ⑤Panasonic, ⑥エプソン, ⑦lenovo, ⑧hp, ⑨DELL, ⑩他メーカー, ⑳保証, ○○なPCが欲しい。, 用途⑨:持ち歩き, Pavilion dv3500, Uncategorized

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。